言葉の使い分けで優しい看護

看護師の方は、毎日のように患者さんと接することになりますよね。担当の患者さんがいる場合には、親しくなっている患者さんがいるという方もいるでしょう。毎日顔を合わせていると、プライベートな話をしている方も多いと思います。そうなると、どこまでフランクな話し方をしてもいいのだろうと悩む方もいるのではないでしょうか?

看護師が患者さんと接する際には、基本敬語で話します。特に、はじめて話をする患者さんの場合には敬語を使うことが必要となります。時には、同年代の患者さんと話すこともあると思いますが、まずは敬語で話すことを心がけましょう。どんなに歳が近くても、看護師と患者さんという関係には変わりませんからね。しかし、時と場合によっては使い分けることも必要です。例えば、何か悩みなどがありそうな場合には、敬語で話しかけるよりも少しくだけた言葉遣いをした方が患者さんが話しやすくなりますからね。こういった時には、年齢に関係なく話しやすい雰囲気を作ることが第一となります。また、打ち解けてきた患者さんの場合には、親しい言葉遣いの方が安心感を与えることもあります。ただ、馴れ馴れしい話し方はよくありません。あくまで敬語を使いつつ、でも時折くだけた表現で柔らかい話し方をする、という方法がいいでしょう。看護師はその時々に合わせて、患者さんとの言葉遣いを使い分けることも大事になってくるのです。患者さんとの話し方に悩んでいるのであれば、<<http://nurse-honorificcourse.com>>を参考にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です